脱毛 中央クリニック

中央クリニック

東京で安全で安心な脱毛は中央クリニック!

>> レーザー脱毛 中央クリニック新宿院・上野院

中央クリニックでは、脱毛(永久脱毛、全身脱毛、お顔の脱毛)にもっとも有効な医療レーザー脱毛機器、米国サイノシュアー社製のアレキサンドライトレーザーを使用しています。
この機械は医療機関のみ使用を認められているレーザー装置でありエステでは輸入の許可が得られない医療機器です。
さらに冷却装置を完備しており、レーザー照射による痛み・熱損傷を最大限に抑える事が出来ます。
その為、痛みの弱い方や皮膚にトラブルのある方、皮膚が柔らかいデリケートな部分もレーザーによる脱毛が可能となりました。

○2秒間に3発照射可能だからスピーディな脱毛が可能!
○冷却装置付きだから痛みが少ない!
○ジェル不要だからベタつきなし!


旧式のアレキサンドライトレーザーに比べ、より照射範囲が広く、脱毛効果が高い最新式アレキサンドライトレーザーを当院では使用しています。

公式HPはコチラ
↓ ↓ ↓

エステサロンの脱毛と病院のレーザー脱毛は何がどう違うの?

永久脱毛は医療行為に該当し、レーザーのみならず、エネルギーを使って行う脱毛は医師の領分と特定されており、東京都「生活文化局」におけるエステ脱毛の見解も「サロン用の脱毛機は高出力が出ないように安全装置を備え、医療用機器と識別出来るものにするべきだ」と示しています。

その為、エステで「永久脱毛」を行う事は法律上出来ません。
エステサロンで唯一出来る脱毛行為は「発毛を遅らせる行為」のみであり、はっきり言って自宅で毛抜きを使って出来る処理と大差のない結果しかありません。

一般的に脱毛といえば「エステ」という印象があります。
肌の組織に直接障害を及ぼす恐れが考えられる電気脱毛・レーザー脱毛・その他の強力なエネルギーを有する光線による脱毛は、近年、厚生労働省より「医療行為」と認定されました。
エステで行う脱毛と医療機関で行う脱毛の違いはそこにあり、一つ目は治療の安全性です。
医院で使用されているほとんどの医療レーザー脱毛装置には高出力でも火傷を防ぐ為の冷却装置が内蔵されていますが、エステで使用されている光脱毛は内蔵されていません。

機械自体の照射による火傷などのトラブルがあった場合、どうでしょうか?
医療レーザーは医師の管理下で確実に安全に治療する事が可能です。
また、医師の管理下であるかないかは、皮膚トラブルがあった場合に、対応出来るかどうかに分かれます。
2つめは、医療機関で扱うレーザーは光線は、直進する性質があり、1メートル離れていても、目に向けて照射すれば失明する可能性がある程の高出力になります。
一方、エステなどで使用される光脱毛のIPLフラッシュ光線は、電球のように拡散し、眩しくても失明することない低出力になります。
よって、出力による効果の差があり、長い治療回数・期間が必要になる事になります。
医療機関でのレーザー脱毛では、万一のトラブルに対し、適切かつ迅速に医師の診察が受けることが可能であり、安心して確実な効果を得られる永久脱毛治療を受ける事が出来ます。

現在最も優れた治療効果が認められているアレキサンドライトレーザーを当院は使用しています。

>> レーザー脱毛 中央クリニック新宿院・上野院

よくある質問

1.医療レーザー脱毛は高い?

一回の脱毛施術料金は確かに脱毛サロンやエステ脱毛の方が安いと思われますが実質女性の脱毛なら1年間(約8回)で効果の違いは歴然としてます。
自己処理のようなお肌にダメージを与えることがなく毛穴が引き締まり、毛穴の目立たない美肌になります。
エステ等ではローションなどの付属品の購入をすすめられることがありますが、中央クリニックで脱毛料金以外にかかる費用は一切ありません。
(脱毛当日剃毛されていない方は料金がかかります)
お肌が弱い方など、必要に応じてお渡しするクリームや薬もアフターケアとして無料ですので、ご安心下さい。

2.何回くらいの通院で終了しますか?

個所や毛量によって個人差がありますが、毛周期に合わせて1か月半〜2か月おきに5〜8回の通院が必要です。

3.時間はどれくらいで終わりますか?

針脱毛は毛1本1本を処理するのに対し、レーザー脱毛は毛量に関係なく1照射につき15ミリ×15ミリの範囲の脱毛が可能な為、短時間で広範囲の脱毛が可能です。
範囲によって治療時間が多少異なりますが、両ワキ2〜3分、両下腿30〜40分程で終了します。

4.体に害(副作用)はありませんか?

特に体への害や副作用といった心配はありませんが、光アレルギーのある方やてんかんなどの既往のある方は事前に医師・看護師へ相談下さい。
レーザー照射での やけどや色素沈着等の危険性は必ずないとは言い切れません。
中央クリニックでは痕に残るような2度以上のやけどは起きていません。
しかし医療事は常にリスクがつきまといます。
医療レーザー脱毛はその性質からレーザーの照射出力を低く抑えれば、ヤケドはまず起きないでしょう。
しかし、十分な熱量を与えなければ永久脱毛効果を得ることはできないのです。
「毛のみにダメージを与えて皮膚にダメージを与えない」このギリギリのラインを見極めることが重要なのですが、肌や体毛の個人差や体質、その日の状態などを考えると、残念ながらヤケドなどの副作用がないとは言い切れないのが現状です。
万が一の時、軟膏やローションは必要に応じて無料でお渡ししていますのでご安心ください。

5.脱毛前と脱毛後で注意する点は?

医療レーザー脱毛を効果的に行うには治療前・通院中はカミソリでの剃毛は可能ですが、毛抜きは避けて下さい。
医療レーザー脱毛は毛根に反応するため、自己処理で抜いている場合、レーザーが反応せず、効果が少なくなりますので毛抜きなどの自己処理を控えることで効果的に脱毛が行えます!
脱毛希望箇所は事前(前日or当日)にカミソリで剃毛してからご来院ください。
伸ばす必要は全くありません。当日処理されていない方は剃毛代が別途かかります。
剃毛代(カミソリ代):1回3,150円、背中・腰・うなじは15,750円。
また照射直後は熱いお湯での入浴や、サウナなどは控えて下さい。

日焼けは厳禁です
やけどなど肌トラブルの原因になりますので、日焼けしている肌ですと効果的な出力で照射することができず効果が少なくなりますので日焼け止めなどを塗って日焼けをしないようにご注意下さい。

保湿を心がけお肌のコンディションを整えましょう
乾燥していると、皮膚の回復が遅く、肌トラブルがおきやすいです。
また、敏感肌になりやすいので乾燥肌は痛みを強く感じることもあり、痛みを理由に出力を下げざるを得ない場合も出てきますので、しっかりと保湿クリームや保湿ローションで、うるおい肌を保ちましょう。

6.妊娠中でも治療はできますか?

残念ながら妊娠中の方の治療は出来ません。

7.男性の脱毛も女性の脱毛と同じですか?

メンズ脱毛の場合一般的に男性ホルモンアンドロゲンの分泌量に比例して濃く、多くなります。
特にテストステロンという特殊な男性ホルモンの影響を受けるヒゲです。
男性は女性に比べ体毛が多く濃いのはこの男性ホルモンのせいなのです。
男性の脱毛も女性などの一般の脱毛と特に変わりませんが、男性のヒゲは髪の毛のように生え換わる期間が短いので1〜1.5か月毎と少し早めにレーザー照射していく必要があります。

公式HPはコチラ
↓ ↓ ↓

 

サイトマップ

FX比較はこちら